弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

公開日 2017年04月24日

最終更新日 2017年04月26日

 北朝鮮により弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、関係する地域の住民に対して全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用して情報伝達することとなっています。
 この度、問い合わせが多く寄せられている、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動についてとりまとめましたのでお知らせいたします。


弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について[PDF:218KB]

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A[PDF:181KB]

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について

お問い合わせ

総務課 危機管理担当
住所:長野県小県郡長和町古町4247-1
TEL:0268-68-3111
FAX:0268-68-4139

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード
町長バナー

クイックアクセス