よくある質問と回答

  • 医療機関窓口での支払額が高額になる場合はどうしたらいいですか?

    あらかじめ申請をして「限度額適用認定証」を提示すれば、支払額が自己負担限度額までですみます。
    年齢や所得によって限度額が違いますが、高額になりそうな場合には事前にご相談ください。

    ○ 後期高齢者医療制度に加入されている方
     一度申請をすると、有効期限が過ぎても該当になった場合は自動的に更新されます。
    ○ 国民健康保険に加入されている方
     有効期限を過ぎたら再度申請が必要です。また、年齢や所得区分により「限度額適用認定証」がなくても自己負担限度額の支払いですむ方もいます。 

  • 保険証が変わった場合は届出が必要ですか?

    職場の健康保険に加入したときや、やめたときは、2週間以内に保険証などの変わった日付を証明する書類と年金手帳、印鑑を持参のうえ届出をお願いします。
    また、修学のため別に住所を定めるときは、在学証明書を添えて手続きをしてください。
    なお、次に該当する方は、福祉係への届出も必要となります。

    ◯ 福祉医療受給者証をお持ちの方
    ◯ 児童手当を受給されている方
    ※ 届出を忘れると保険税を二重に支払うことになったり、医療機関で全額を支払わなければ診療を受けられないという場合もありますので、できるだけ速やかに手続きをお願いいたします。 

  • 後期高齢者医療制度の対象となる方は、どのような方ですか?

    75歳以上の方(誕生日当日から対象)と65歳から74歳で一定程度の障がいがあり、加入を希望される方です。
    下記に該当し、加入を希望される方は申請が必要となります。

    ○ 一定程度の障がいのある方とは
     ・ 国民年金などの障害年金1、2級を受給している方
     ・ 精神障害者保健福祉手帳の1、2級の方
     ・ 身体障害者手帳の1から3級の方と4級の一部の方
     ・ 療育手帳A(重度)の方 

  • 福祉医療費給付事業とはどんな制度ですか?

    下記の要件に該当する方で、病院や薬局で支払った医療費を後日、 指定された口座へ給付する制度です。
    対象となる方は、医療機関ごとに窓口で支払った医療費から300円を引いた額が支給されます。なお、振り込みまでには受診月から3~4ヶ月かかりますのでご了承ください。

    ◯ 福祉医療の対象となる方
     ・出生から高校3年生まで
     ・身体障害者手帳1級~3級所持者
     ・療育手帳所持者
     ・精神保健福祉手帳所持者
     ・自立支援医療(精神通院医療費)給付該当者
     ・母子、父子家庭(18 歳未満または18 歳以上20 歳未満で高等学校に在学中の児童等、またその子を扶養している方)
     ・老人(65 歳以上70 歳未満で住民税が非課税世帯の方)
     ※ 上記の方でも所得等によっては対象外とならない場合があります。 

  • 自立支援医療費(精神通院)とはどんな制度ですか?

    精神の病気で通院したときに、窓口で支払った額の一部を公費で負担するものです。
    精神科へ6ヶ月以上継続して通院している方が対象になりますので、補助を希望される方は以下の書類を用意して申請をしてください。

    ○ 診断書(精神通院医療用)
     ・通院している医療機関で記入してもらってください。
    ○ 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
     ・役場に用紙があります
    ○ 税務情報の閲覧及び提供に関する同意書 
    ○ 保険証の写し
    ※ 精神の病気で通院したときに医療費の一部を公費で負担する制度です。 

  • 町に対して提案したいことがあるのですが、どこに言えばいいですか?

    町政に対するご意見、ご要望などは総務課総務係でお受けしています。

    お問い合わせ 

     

  • 下水道の供用開始地区内は下水道への接続が義務付けられているとききましたが、本当ですか。

    ○下水道に接続できるようになった各家庭は、すみやかに下水道に接続することが義務付けられています。(下水道法第10条)
    ※特別の事情により許可を受けた場合などは、この限りでない。

    ○くみ取り式トイレは3年以内に水洗トイレに改造しなければなりません。(下水道法第11条の3)
    ※建物が近く除去され、又は移転される予定である場合、水洗便所への改造に必要な資金の調達が困難な事情がある場合等の相当の理由があると認められる場合は、この限りでない。

  • 家を新築しようと思っていますが、汚水と雨水はどのように排除すればいいでしょうか。

    汚水は下水道へ、雨水はお近くの側溝へ排水してください。

  • 公共下水道に新たに接続(すでに接続している配管修理)のために、業者を教えてください。

    下水道への接続、または、接続している排水設備の修理は、長和町指定工事店でなければ行うことができません。指定工事店はこちらでご確認ください。

    下水道指定工事店一覧

  • 宅内の排水設備から水がもれています。(何か詰まっているようです。)

    宅内の排水設備は個人管理となりますので、指定工事店にご相談ください。(費用は個人負担となります。)

  • 家の中の水道の修理は、なぜ個人負担なのですか?

    上下水道課の管理は水道本管から給水メーターまでで、家の敷地内の水道設備は皆さん各個人の財産となり、上下水道課は管理していません。
    したがって、家の中の水道設備の修理は、皆さん各個人のご負担となります。
    町指定の水道工事店に修理を依頼してください。

  • 漏水を見つけましたが、どうすればいいのでしょうか?

    道路上や水道メーター付近の漏水は、建設水道課上下水道係までご連絡下さい。
    ただし、水道メーターから家の中の漏水については、長和町指定の水道工事店に修理を依頼してください。

  • 検針票の使用水量が増加しているのですが?

    水量が増加する原因に、屋内漏水の場合があります。
    屋内の蛇口をすべて閉め、水道メーター内のパイロット(小さな歯車)が回っているかどうか、点検してください。
    もし、少しでも回っていたら漏水ですので、長和町指定の水道工事店に修理を依頼してください。

  • 市内で転居した時や新しく開栓をしたときに、口座引落を継続することは出来ますか。

    これまで使用されていた口座の場合は、引き続いて口座引き落としをすることは可能です。
    その際、書類に記入していただく必要がありますので、継続される場合は上下水道課窓口までご連絡下さい。

  • 水道料金を口座振替にするにはどうすればよいですか?

    金融機関の窓口で備え付けの申し込み用紙に必要事項を記入し、銀行印を押して提出してください。
    金融機関より上下水道課に通知が届いたら、次の期から口座より引き落とさせていただきます。

  • 水道水が白く濁ることがありますが、大丈夫でしょうか?

    水温の上昇によって、水中に溶け込んでいる空気が泡の粒となり、白く見えていると考えられます。
    透明な容器に入れると、10秒程度で徐々に下のほうから透明になります。ご確認下さい。
    濁りが取れない場合は、建設水道課上下水道係まで連絡をお願いします。

  • 道路の陥没や土砂崩落などを発見した場合は?

    建設水道課までご連絡ください。

  • 道路と自分の敷地との境界を確認したいときには、どうしたらいいですか?

    町道であれば、建設水道課が境界を立会いして、確認します。
    その際、周辺の土地所有者にも立ち会っていただく場合もありますので、事前にご相談ください。

  • 道路上で作業したり、看板や屋台などを出すにはどうしたらいいですか?

    道路上で作業したり、看板等を設置(道路占用)するには、道路の管理者に申請する必要があります。(道路一時使用申請もしくは道路占用申請)
    道路占用には制限があり、占用料が発生する場合があります。
    また、警察署にも届出が必要な場合がありますので、詳しくは建設水道課までお問い合わせください。

  • 浄化槽の「法定検査」を受けないと、どのような罰則がありますか?

    平成18年2月に改正浄化槽法が施行され、浄化槽の法定検査を受検しない浄化槽管理(設置)者に対し、県(政令市、権限移譲市町)は、検査を受ける ように指導及び助言をすることができ、生活環境の保全及び公衆衛生上必要がある時は、相当の期限を定めて、検査を受けるように勧告ができます。浄化槽管理 者が勧告を受けて、正当な理由がなくその勧告に係る措置をとらなかった時は、相当な期限を定めて過料(30万円)に処せられます。

町長バナー

クイックアクセス