子どもの予防接種

最終更新日 2016年07月11日

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、百日せきでは生後3ヶ月までに麻しん(はしか)では生後12ヶ月までにほとんど自然に失われていきます。そのためこの時期を過ぎると赤ちゃん自身で免疫を作って病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。

法に基づく定期予防接種

※接種可能な医療機関に直接予約をし、実施してください。

予防接種の種類 予防する疾病 対象者 接種回数 接種方法
BCG 結核 生後1年に至るまで 1回 個別接種
四種混合 ジブテリア
破傷風
3ヵ月~90ヵ月に至るまで 4回 個別接種
百日せき
急性灰自髄炎(ポリオ)
1期初回として3回接種(20日~56日までの間隔をおいて)。
3回目接種終了後12ヵ月~18ヵ月の間に1回接種。
麻しん風しん 麻しん風しん 1期:1歳~2歳未満
2期:5歳以上7歳未満で小学校就学前まで
1回 個別接種
水痘 水痘 1歳~3歳未満 2回 個別接種
日本脳炎 日本脳炎 1期初回:生後6ヵ月~90ヶ月に至るまで 3歳に達した時から4歳に達するまでに2回(6日~28日の間隔をあけて)接種 個別接種
1期追加:生後6ヵ月~90ヶ月に至るまで 4歳に達した時から5歳に達するまでに1回。(1期初回終了後おおむね1年をおく)
2期:9歳以上13歳末満の者 9歳に達した時から10歳に達するまでに1回
Hib感染症
(ヒブ感染症)
髄膜炎
肺炎等
2ヵ月以上60ヶ月に至るまで 2ヵ月~7カ月未満:初回3回、追加1回
7カ月から1歳未満:初回2回、追加1回
1歳~5歳未満:1回
個別接種
小児の肺炎球菌感染症 髄膜炎
肺炎等
2ヵ月以上60ヶ月に至るまで 7カ月から1歳未満:初回2回、追加1回 個別接種
1歳~2歳未満:2回
1歳~5歳未満:1回

※日本脳炎予防接種は、平成口年の積極的勧奨の差し控えにより接種を逃してしまった方で、平成フ年4月2日~平成19年4月1日までに生まれた方は、20歳までに不足回数分を公費で接種することができます。また、当該年度に積極的勧奨のお子さんには、個別通知をお送りしますのでご覧下さい。

  • 1期接種を1度も接種していない場合は、通常の実施方法に沿って接種を行ってください。
  • 1期初回接種(計2回)・1期追加接種が不十分な場合は、6日以上の間隔をおいて、残りの回数の接種を行ってください。
  • 2期接種は1期を終えた、9歳以上に行ってください。(1期追加接種から6日以上の間隔をおいて2期の接種が可能ですが、通常は第1期終了後、おおむね5年の間隔をおいて接種するものです。医師と相談のうえ接種をしてください。)

お問い合わせ

こども・健康推進課 健康づくり係
住所:保健福祉総合センター
TEL:0268-68-3494
FAX:0268-68-3798
町長バナー

クイックアクセス