就任のごあいさつ

まずは融和と一体感「元気が出る・元気になれる」町づくり

町長初登庁

町民皆様には年末を迎え、何かとお忙しいことと存じます。
 この度、「長和町」の初代町長として町政を担わせていただくこととなりました、羽田健一郎でございます。選挙中は、お騒がせあるいは、多々ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げるとともに、いただきました数々の暖かいご支援、ご鞭撻を深く胸に刻み、今後の町政に活かせるようにしてまいる所存でおりますので、倍旧のお引き立てをお願い申し上げます。
 さて、住民各位・議会各位の総意により、10月1日に新生長和町が誕生いたしました。旧長門町と旧和田村は、豊かな自然環境や中山道、黒耀石などの共通の価値観を持ち、隣接地域として古くから交流しながら共に発展してまいりました。
ひとつになったこれからは、さらに対話を重視し、住民一人ひとりが主役となり、行政とスクラムを組んで、先人から受け継いできた知恵と工夫で、活力に満ちた「元気が出る・元気になれる」町づくりを長和町中が一丸となって、進めてまいらなければならな
いと思っております。
 そんな中において住民皆様のニーズは多様化しており、先ずは「新しい町の融和・一体感」「医療、福祉、保健の町づくり宣言」「少子化対策と子育て支援」「観光資源の連携強化と産業の活性化」「行政機構の改革及び効率的運営の推進」など課題は山積みしております。できる事から一つ一つ町民の皆様と協和・協働しながら、小さくともキラリと光る長和町の基礎づくりに努力をし、目的達成のため全身全霊を傾注してまいりますので、町民皆様の深いご理解、ご指導、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

町長バナー

クイックアクセス