和紙工芸

公開日 2016年03月04日 14時03分

かつみ工房

紙布は、紙糸を材料として織り上げた布です。和紙を細く切りそろえ、丹念にもみ、糸車で「より」をかけて一本一本紙糸を紡ぎあげます。この紙糸を緯糸(よこいと)にし、経糸(たていと)に絹や綿、朝を使用して機織機(はたおりき)で織り上げます。紙布は経糸に使われている糸によって呼び名が変わります。
諸紙布・・・経糸と緯糸の両方が紙糸でできているもの
綿紙糸・・・経糸が木綿系、緯糸が紙糸でできているもの
絹紙布・・・経糸が絹糸、緯糸が紙布でできているもの
この紙布を使って作られる軽くて丈夫な紙布製品は、一つ一つ手作りで作成され、雨に濡れても洗っても壊れることがありません。
ぜひ一度、かつみ工房の紙布製品に触れ、その良さを実感してください。
販売店 マルメロの駅ながと内「菜の花館」

ネクタイ・ランチョンマット・のれん・帽子・カバン・帯

立岩和紙から作られる軽くて丈夫な紙布製品です。

 

 

お問い合わせ

産業振興課
TEL:0268-75-2047
FAX:0268-68-4011
町長バナー

クイックアクセス