2022(令和4年)年8月29日 長和町は気候非常事態を宣言しました

公開日 2022年08月29日

最終更新日 2022年08月29日

 近年の地球温暖化により、世界各地で様々な異常気象が引き起こされており、日本においてもこれまでに経験したことがない猛暑や豪雨、大型台風、それに伴う自然災害の発生など、気候変動によると思われる影響が全国各地で生じています。
 2019年、令和元年台風19号では、当町を含む長野県内の各地において、また、令和3年8月発生の豪雨では当町において、甚大な被害をもたらしており、自然災害は私たちの生活に多大な被害をもたらす極めて深刻な脅威となっています。
 町では、この非常事態を切り抜けるために、気候が既に異常な状況であることの危機感を町民、事業者と共有し、地球温暖化対策に取り組むことを目的として、令和4年8月29日に気候非常事態を宣言しました。また、2050年には二酸化炭素排出量実質ゼロを目指すことも表明しました。
 今後、省エネルギーの推進や再生可能エネルギーの普及拡大を進めてまいります。
 町民の皆様もご自身ができることから取り組んでいただきますよう、よろしくお願いします。

 gikai syasin

senngenn

気候非常事態宣言[PDF:293KB]

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Readerダウンロード